規制緩和以前はアリコのがん保険がとても有名でした。

しかし現在では"がん保険"とはっきり銘打っている商品はありません。
ですがその代わり、「元気によくばり保険」「女性限定わたしの入院保険」が"がんを手厚く保障する保険"としてあります。

「元気によくばり保険」はCMでもおなじみですが、これはがんと診断された場合、300万円(上皮内新生物の場合は最大60万円)の一時金が支給されます。これは他社のがん保険と比べても劣っていません。

それに1日1万円が病気やけがで入院した場合は支払われます。無事に退院した場合は5万円。
退院後の通院は1日2,000円の保障がありますから、再発後の治療もしやすいですね。
死亡保障も万全で、病気による死亡または高度障害では500万円、不慮の事故による死亡は2,000万円が支払われます。

「女性限定わたしの入院保険」は、ほとんどの病気やけがに対応しているうえに、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんと診断された場合の保障もついています。
女性特有のがんと診断された場合(上皮内新生物を除く)は100万円の一時金が支払われ、女性特有のがんで入院した場合、60日目までは1日2万円(それ以降は1日1万円)が支払われます。

手術の場合は女性特有のがん以外の病気やけがでも10万?40万円の保障が支払われます。無事に退院できれば5万円が受給できます。
10年間で最大40万円が、積み立てと無事故のWボーナスで支払われるのもうれしい内容ですね。

がん保険の選び方や選ぶ際に重要視するポイントは人それぞれだと思います。
ここではその一例を紹介しますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

多くの人が、がん保険の選び方でポイントにすると思われるのが保険料です。
「一体いくらくらいのものがいいのか?」「安すぎるものは保障も薄いのでは?」などいろいろな悩みがあると思います。

保険料の目安はだいたい5,000円?1万円です。独身や子供のいない夫婦ならば5,000円程度のもので十分だと思います。なぜなら、万が一がんになっても、保険料でまかなわなければならない費用がほぼがんの治療費のみだと思われるからです。

逆に、子供がいる人や親の面倒を見ている人は、それなりの保障が必要になってくるはず。
がんの治療費+いつもあなたが稼いでいる彼らの生活費を捻出しなければなりませんから。
特に自営業の方は自身の健康状態が収入にダイレクトに影響するので、出し惜しみせず保険料を奮発しておきましょう。1万円程度がその場合の目安です。

がん保険の選び方では、保険料の次に重要になってくるのが保障の内容です。当面をしのぐための一時金が出るのか、入退院を何度くり返してもその度保障してもらえるのか、その保障額はいくらか、など、自分にとって必要なさまざまな条件を照らし合わせ、がん保険を選ぶようにしましょう。

実際にかかった治療費すべてをまかなってくれるのがん保険も最近では増えてきてます。
保障が定額で支払われる定額タイプよりも「実損てん補」タイプの方が使い道次第ではかなり使える保険となります。

詳細は各保険会社に問い合わせてみてくださいね。

Powered by Movable Type 4.1