2008年7月アーカイブ

近年、働く女性の増加により、女性のためのがん保険が増えてきてます。

以前は専業主婦が多かったは為、女性向けの保険は必要とされていませんでした。
ですが今は、家計のために女性の収入も欠かせないものとなっている家庭が増加していますので、女性が病気などで、働けなくなった場合の保障の必要が高まっています。
女性のがん保険はもちろん、専業主婦でも加入することができます。
女性のがん保険の増加は金銭面だけでなく、女性の地位向上を表しているといってもよいでしょう。

女性のがん保険の内容は、乳がん、子宮がんなど、女性特有のがんになった時に保障が受けられるものです。
一般的ながん保険よりも対象範囲が狭いため、より手厚い保障が受けられるようになっています。
しかし、男女ともになる可能性のあるがん、胃がんや食道がんなには基本的に対応していません。

ですが保険によっては死亡保障だけ支払われることもあるようです。
一般的ながん保険では保障金を入院費や治療費に充てる場合が多いですが、女性のがん保険にはそれに加えて女性のがん特有の保障があります。
代表的なものですと、乳がんの手術で失ってしまった乳房の再建費用です。
女性はたとえ乳がんが治ったとしても、乳がんで乳房を切除することで、精神的に大きなショックを受けてしまいます。

費用がかかりますが、手術で乳房を再建することは可能です。この乳房の再建費用を女性のがん保険は保障してくれます。
他にも、抗がん剤治療で毛髪が抜け落ちてしまった場合のウィッグ作成費用を保障内としている保険もあります。

まさに、女性のがん保険は女性の気持ちを考えた女性のためのものだといえます。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1