aflac: 2008年11月アーカイブ

aflacはがん保険の雄です。

がん保険はaflacによって1974年日本に始めて紹介されたといわれています。
その後、aflacはがん保険市場をほぼ独占。85パーセントものシェアを規制の助けを借りてではありますが、誇っていた時期もあったようです。

今日でもその名残りがあって、「がん保険=aflac」というイメージが根強いようです。
手厚い保障がaflacのがん保険の特長です。
初めてがんと診断された場合、100万円の一時金が支払われ、がん治療のための入院や通院は1日目から1万円が支払われます。

がん以外の病気やけがにも特約をつけることで対応。
また、がんと診断された後、「ライフサポート年金」が1年目から5年目までが支払われるので、再発への備えも万全になります。

もちろん、この保障は被保険者が生きていることが条件となります。
さらに、金銭面以外のサポートもaflacのがん保険では充実しています。
看護師経験のある専門のカウンセラーによる面談サポートをがんと診断された場合、受けられるのです。

自分が、家族ががんだと知った衝撃はとても大きいと思います。
そんな悩みや不安をカウンセラーはに直接顔を合わせて聞いてもらいことができます。
また、看護師の経験から、医師との接し方や医師に確認しておくべきことなどを教えてくれます。
そして病院探しのお手伝いまでフォローしてくれます。

話題になっている「セカンドオピニオン」としても、病状に合わせて医師を紹介してくれる「ベストドクターズサービス」は利用できます。

このアーカイブについて

このページには、2008年11月以降に書かれたブログ記事のうちaflacカテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1