がん保険の最近のブログ記事

規制緩和以前はアリコのがん保険がとても有名でした。

しかし現在では"がん保険"とはっきり銘打っている商品はありません。
ですがその代わり、「元気によくばり保険」「女性限定わたしの入院保険」が"がんを手厚く保障する保険"としてあります。

「元気によくばり保険」はCMでもおなじみですが、これはがんと診断された場合、300万円(上皮内新生物の場合は最大60万円)の一時金が支給されます。これは他社のがん保険と比べても劣っていません。

それに1日1万円が病気やけがで入院した場合は支払われます。無事に退院した場合は5万円。
退院後の通院は1日2,000円の保障がありますから、再発後の治療もしやすいですね。
死亡保障も万全で、病気による死亡または高度障害では500万円、不慮の事故による死亡は2,000万円が支払われます。

「女性限定わたしの入院保険」は、ほとんどの病気やけがに対応しているうえに、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんと診断された場合の保障もついています。
女性特有のがんと診断された場合(上皮内新生物を除く)は100万円の一時金が支払われ、女性特有のがんで入院した場合、60日目までは1日2万円(それ以降は1日1万円)が支払われます。

手術の場合は女性特有のがん以外の病気やけがでも10万?40万円の保障が支払われます。無事に退院できれば5万円が受給できます。
10年間で最大40万円が、積み立てと無事故のWボーナスで支払われるのもうれしい内容ですね。

がん保険は2000年に規制緩和されて以来、外資系だけじゃなく日本の保険会社も取り扱いを始めました。
これによって、保険業界はがん保険が花ざかりになりました。

各社が1つはがん保険を取り扱ってますから、じっくりと比較し検討して選ぶ方が良いでしょう。
比較しないでがん保険を決めてしまうと後悔するかもしれませんよ。
がん保険を比較するには専用のポータルサイトが役に立つでしょう。「がん保険 比較」などで検索すればだくさん発見できるでと思います。

がん保険の比較サイトでは、例えば「アフラック」「チューリッヒ」「三井住友海上」など、主たる保険会社の取り扱っているがん保険の要点がまとめられているので比較がしやすいようになっています。サイト独自の人気ランキングがあるサイトもあるので、がん保険の比較で頭を悩ませている人にとって、心強い味方になると思います。

がん保険の比較サイトからは、気になった各社のがん保険の資料をインターネットで一括で請求することができます。

これは思っているよりずっと便利です!いまは保険会社に足を運ばなくてもインターネットや電話で手軽に資料請求できますが、それでも面倒に感じてしまいますよね。
がんの保険比較サイトからならば、複数社のがん保険の資料を一斉に請求して取り寄せすることができます。
これはいまやがん保険の比較サイトには欠かせないサービスとなっています。
たくさんのがん保険の資料を取り寄せてから、資料とにらめっこしつつがん保険を比較してみましょう。

がん保険の比較というとまずは保険料に目が行きがちですが、それより気にかけたいのが保障内容です。あなたにあったがん保険を見つけたければ、保険料と保障内容のバランスをよく考えて比較してみてください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちがん保険カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはaflacです。

次のカテゴリはがん保険の選び方です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.1